英語がうまく話せるようになるコツ

英語をバイオリスニングで上達させる

英語上達はリスニング力からとの考えで登場したのが「バイオリスニング」です。

 

英語を聞き分ける英語耳を作りあげるのを目的としており、科学的な視野から考案された英語学習法です。

 

バイオリスニングは、子音の多い英語の特徴を捉えた方法となっているのです。

 

英語と日本語の違いはたくさんありますが、日本語の周波数と異なる範囲を持つ英語を学ぶために、英語の高い周波数域を聞き分けることが出来る様に聴覚をトレーニングしていきます。

 

耳を英語に慣らすことで聞き取る能力を上達させ、短期間で英語力をアップさせてくれるといわれている方法です。

 

英語は2000〜1万2000ヘルツに対して、日本語は125〜1500ヘルツの周波数ですから、英語の高い周波数を捉えるには耳をトレーニングする事が大事です。

 

英語の子音の周波数帯で聴覚を刺激することで、英語の聞き取りに大切な右脳を鍛えるという方法です。

 

なお、バイオリスニングは他の英語教材とは少し異なります。

 

文法などが解説してあるテキストで勉強する一般的な形ではなく、英語を聞き取りやすくする装置なのです。

 

CDやDVDをプレーヤーで再生する際に装置と接続し、付属のヘッドホンで聞くのがこの方法の行い方で、好きな洋楽や映画など、どんなものを見聞きしても効果が出ると言われています。

 

口コミでは、「使い続けているうちに聞き取る力がアップした」とか、「海外ドラマの内容がスラスラ頭に入るようになった」等といった高評価を得ているようです。

 

英語を聞き分けるスキルが上がるので、継続することで自然に英語耳に慣れてきます。

 

脳科学に根ざした勉強法であるバイオリスニングで、着実に英語が上達できるでしょう。

英語をバイオリスニングで上達させる関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語をバイオリスニングで上達させる