英語がうまく話せるようになるコツ

英語の上達と脳

英語の上達について、英語を話す時の脳の働きに関することを説明しましょう。

 

言葉に関して、英語を話す場合と母国語である日本語を話す場合とで脳の機能に何か違いがあるのでしょうか。

 

我々が言葉を話したり、物を見たり、体を動かす事などが出来るのは、脳の働きに大きく関係があります。

 

脳は生命活動の中枢であり、生きていくうえで最も重要な器官であることはよく知られている事です。

 

脳には右脳と左脳があり、言語は左脳に支配されていることが分かっていて、頭部のケガなどで左脳にダメージを受けると、失語症などの言語障害が起きてしまうことがあるとされます。

 

そして、日本語は左脳で処置される言葉であることもわかっています。

 

では、英語ではどうかというと左右の両方で処置が行われるのです。

 

上達するのに時間が掛かるのは、脳で使われる部分が違うという事も関係しているのです。

 

研究によると、英語圏に済む方は英語の意味を左脳、発音は左右の脳を使って理解しているのだそうです。

 

日本人が英語を上達させるには、最近よく聞かれる「英語脳」になるのが上手くなる近道であると言われています。

 

通常だと、英会話や英文をみると一旦日本語に置き換えて、さらに英語で会話を組み立てたり、文章を考えたりという風に段階を踏んで行くので、時には連結が上手く働かず時間が掛かってしまう様です。

 

英語脳だとその流れがスムーズに働くと言われています。

 

英語を上達させるために、脳の働きが関係することを調べてみるのも面白いのではないでしょうか。

英語の上達と脳関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語の上達と脳