英語がうまく話せるようになるコツ

英語の上達と日本の英語授業

英語を上達させてアメリカ人を始めとする外国人との会話を楽しみたいと思い、授業を熱心に受けていたのに関わらず、なかなか上達しない場合があります。

 

英語の成績が良い事と、英会話を自由に出来るかは別問題です。

 

日本人の英語が上達しない原因には、日本における英語の授業にも問題がありそうですね。

 

日本では、英語といえば英文法を覚えたり、単語を暗記したり、あるいは英作文をするといったような印象があり、英会話の実力の成果が出るのもなかなか難しいといった感じでしょう。

 

これは教育過程でそれらが重視されていることが大きな理由に挙げられます。

 

文法や英文を理解する点に重きが置かれていて、「語学の勉強は暗記力」であるという部分があるからでしょう。

 

ですから、英語で会話するスキルは横に置かれたところがあり、何年学習したとしても英会話は苦手になってしまうようです。

 

英会話が上達するには、英語で会話する練習が必要なのです。

 

それなのに暗記中心の勉強では、会話力が身に付かないのも当たり前なのです。

 

それに、日本人には馴染みのない言葉を学ぶのですから、覚えるために楽な方法で覚えようとしてカタカナ英語で覚えてしまうというのもお薦めできません。

 

発音などが異なり、実際に会話しても全く通じないことがほとんどなのです。

 

通じない英語をいくら話したとしても、上達には結び付きません。

 

それどころか、返って自信を失ってしまう場合もあるでしょう。

 

本当に英語を上手く話せるようになるには、会話のトレーニングを積む事なのです。

 

効率的な方法で会話力をアップさせましょう。

英語の上達と日本の英語授業関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語の上達と日本の英語授業