英語がうまく話せるようになるコツ

英語の上達と自己主張

英語の表現は日本語と異なる場合がありますね。

 

上達するには英語独特の表現を知るのも重要な事です。

 

中でも、日本人には言葉や態度に謙遜した表現がたくさんあるので、英語の表現との違いに慣れなければなりません。

 

日本人の国民性は自己主張が苦手といわれており、自分の感情を開放的に表現する英語とは違います。

 

日本は村社会であり、昔は自分の意見を言う前にまずは村長など年長者にお伺いを立ててから事を進めるのが一般的でした。

 

一方の英語圏では、多くの民族が集合する歴史的背景において、個の意思が重視されており意見を述べる際にも自己主張する事が求められるのです。

 

英語の表現は自己主張しやすい言語であると言われています。

 

それを上達させるには、自己主張する表現方法をマスターしましょう。

 

ただし自己主張とは、単にわがままを通したり、意固地になるという事ではないのです。

 

自分の考え方を周りに伝え、意思を理解してもらうという事です。

 

日本では自己主張と言えば、謙遜を美徳するためかあまり良くないイメージを持つこともありますが、議論をスムーズにする場合などでは自己主張は重要な事です。

 

英語は直接的な表現が多いとされます。

 

上達するには、英語独特の表現になっているかも確認しましょう。

 

日本語とは文化も習慣も異なりますから、意見を述べる際の例文などで参考にして英語での表現について勉強してみましょう。

 

英語での主張のやり方がわかれば、英会話なども上達するのではないでしょうか。

英語の上達と自己主張関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語の上達と自己主張