英語がうまく話せるようになるコツ

英語の上達と敬語

英語を上達させる為には、日本語と英語の違いを知るのも大事な事です。

 

ここでは敬語について考えてみましょう。

 

日本語と英語を比べると、日本語の方が習得するのに時間が掛かる理由は敬語にあると言われているのです。

 

日本語は相手に応じて敬語を使い分けなければいけません。

 

相手や状況によって敬語の表現を変えなければならないという点がネックとなり、外国人が学ぶのは難しい言語になっているのです。

 

我々は母国語として生まれた頃から馴染んでいるせいか、敬語を使い分けることをさして困難だとは思わないでしょうが、初めて日本語に触れた人の中には苦労しながら上達させていく方もたくさん居るようです。

 

では、英語はどうなのでしょうか。

 

英語には日本語のように尊敬語や謙譲語の区別はあまりなく、二人称でも日本語の場合は「きみ」「あなた」「〜様」など多くの言葉があるのに対して、英語ではおおむね"you"だけです。

 

ただし、敬語が全くないというわけではなく、相手に対して敬意を示すような態度や行動を伴うことが必要なのです。

 

英語と日本語にはこのような言葉の使い方に違いがあるようです。

 

教科書で習うような英語の表現はごく基本的ですから、目上の方と英語で会話する場合には丁寧表現に注意すると会話力が上達するでしょう。

 

丁寧表現は、例えば何かをして貰いたい時には指示する様な表現は使わず、相手の意思を尊重し、問いかけなどで相手の返事を待つような内容の文章にすると良いとされています。

 

ここも日本語的表現とは異なるでしょう。

 

日本語の敬語に当てはめながら英語表現に変えていくというのも、英会話力を上達させるポイントのようです。

英語の上達と敬語関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語の上達と敬語