英語がうまく話せるようになるコツ

英語上達と文化の違い

英語の上達を妨げてしまう理由に、文化や習慣の違いというのがあります。

 

上達の為には、違いを知るというのも大事な勉強です。

 

日本人には日本の、アメリカやイギリスなどの英語圏にはその国独自の文化があるのです。

 

言語にはそれぞれ、地域で生まれ、発展していくにしたがって文化や習慣、民族の価値観などが盛り込まれているので、異なる文化を持つ者からすると大きな違いを感じてしまうようです。

 

英語を使っているのは欧米が中心ですね。

 

それらは民族間の移動が激しく、国際交流も盛んに行われてきた歴史があります。

 

では、日本はどうなのかというと、かつては鎖国もあったくらいですので、閉鎖的な部分があるのも否めず、多文化との交流も少なかったために他国との違いを受け入れるのに時間が掛かる場合もあります。

 

英語を学んでいると、日本文化の違いに気付くことも少なくありません。

 

英語の上達のためには、他の国の文化や生活習慣についても学んでおくことが大切になるのではないでしょうか。

 

例を挙げると、日本では贈り物の際などに「つまらないものですが〜」といった謙遜した言葉を添えます。

 

ですが、アメリカではそういったへりくだる表現は好まれません。

 

英会話で日本語をそのまま約して話すと「つまらないもの=くだらないもの、即ちガラクタ」の意に捉える向きがあるため、けして直訳してはならないとされていて、"This is my favorite thing."のような言葉にするのが良いです。

 

このような表現の違いを学んで、英語を上達させていきましょう。

英語上達と文化の違い関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語上達と文化の違い