英語がうまく話せるようになるコツ

英語上達はレベルにあった学習から

英語の学習では、自分の上達度合った勉強法を選ぶことが大事です。

 

初心者がいきなり上級者の課題に取り組んでも分かるものでは無いですし、課題の内容さえ理解できない場合もあるでしょう。

 

英語力を身に付けるには、自分のレベルにあった問題から始めるとよいでしょう。

 

初心者の場合、発音などの基礎的なことから学び、「英語に慣れる」のを目標にします。

 

短い文の会話を聞き取れる程度で十分なのです。

 

そうして英語を聞き分ける耳が徐々に出来上がってきてから、次はあいさつや短い英作文がこなせる初級者向きの勉強がよいでしょう。

 

この段階では、リスニングの能力をもっと上達させたり、語彙を増やして表現を豊かにするような学習で力を付けていくのです。

 

初級者では、相手が何を話しているのか大体の意味がわかっても、どう返事をしたら良いのか、どんな言葉を使えば適切なのか分からない方がたくさん居るようです。

 

更なる上達目指し、短かい会話や英文でも自分の思うことが伝えられるようにしていきます。

 

また、基礎を再確認し、文法にも意識しておきましょう。

 

中級クラスになると、リスニングがきちんと分かるようになり、英会話もかなり出来るまでに上達します。

 

長い英文が読めるようになるレベルでしょう。

 

今後はネイティブの発音に近づけるよう訓練を重ねていきます。

 

上達してかなり本格的な英語力が身に付いた上級者では、洋書や英字新聞を読む習慣を付けて、日常から英語を取り込むようにすると一層力が付くでしょう。

 

英語の学習は時間が掛かるので、レベルに合わせて段々とステップアップしていき、長い目で見て無理なく行えるようにしていきましょう。

英語上達はレベルにあった学習から関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語上達はレベルにあった学習から