英語がうまく話せるようになるコツ

英語の上達と周波数

英語の周波数をご存知ですか。

 

周波数とは、電気工学の分野でよく耳にしますね。

 

辞典などには、1秒間に繰り返される電気振動などの現象の回数を数値化したもので、ヘルツ(Hz)で表わすと書いてあります。

 

英語の上達には関係がないように思われがちですが、英語の発音に関する知識としては興味深いものがあるのです。

 

英語と日本語では、周波数がかなり違うとされたいます。

 

英語は2000〜1万2000ヘルツ、日本語は125〜1500ヘルツで、両者を比べると英語は高い周波数、日本語は低い周波数ということがわかります。

 

因みにドイツ語は125〜3000ヘルツ、イタリア語は2000〜4000ヘルツですから、いかに英語の周波数が高いかが分かるのではないでしょうか。

 

また、日本語は世界の中でもかなり低い周波数の言語なのです。

 

この結果を英語の上達度と合わせて考えると、周波数が違う事で日本人には英語の聞き取りが難しいということがわかります。

 

人間が聞き取れる周波数は約16〜1万6000ヘルツの範囲とされ、言語によって聞き取れる周波数は10歳ぐらいで定着してしまうので、英語の高い周波数を日本で育った日本人は聞き取れずに上達するのが困難になってしまうようなのです。

 

でも、日本人は英語に堪能になることは出来ないのかと諦めるのは早いでしょう。

 

ヒアリングが苦手なら、CDやラジオを何度も英語の発音に注意しながら聞いたり、英会話にも積極的にチャレンジする事です。

 

たくさんの英語に触れることで高い周波数に慣れれば、次第に正しい発音を聞き取ることが出来る様にになり、少しづつでも上達していくことが可能なのです。

英語の上達と周波数関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語の上達と周波数