英語がうまく話せるようになるコツ

英語の音と上達

英語の正しい発音を学ぶ事も上達にとても重要な事です。

 

英語の発音は日本語とは全く異なります。

 

これは日本語が母音を中心に成り立つ言葉であるのに対し、英語は子音から成り立つためと言われています。

 

そこで、英語上達が難しい理由についてもう少し述べてみましょう。

 

日本語を聞いていると、言葉ひとつひとつが独立して聞こえるのですが、英語では音の区切りがはっきりせず、聞き取りにくく感じる場合があります。

 

英語では子音が続いていたり、子音と母音が繋がって聞こえる場合があるのです。

 

リエゾンと呼ばれる現象で、日本語では連音とも言い、英語では1つ目の単語が"r"で終わり、母音から始まる単語に続く際に起き、例えば"there are"などは音が繋がって聞こえるでしょう。

 

繋がって聞こえるので、それを聞くと単語として聞き取る事が出来ず、何を話しているのか分からなってしまうのです。

 

母音で音を聞き分ける日本人にとって、子音中心のヒアリングは英語の上達にとても重要なのですが、聞き取りが難しいのではなかなか上手くならないのです。

 

ですが、何度も聞いていれば段々と聞き分けられていく様になるでしょう。

 

それから、英語ではアクセントやリズムも重要です。

 

日本語では、特に強調したい時などの場合を除けばそれほど使われることはありません。

 

英語では発音と一緒に覚えます。

 

単語の頭にアクセントをおくことが多く、英会話ではアクセントに注意すると聞き取りやすくなるでしょう。

 

英語上達のため、これらの点に気を配って会話するように心掛けましょう。

英語の音と上達関連エントリー


英語を上達させる為の事や学習法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 英語上達ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

英語の音と上達